auひかり新規(特典の充実度がピカイチの申し込み)

auひかりで一番得する窓口はどこか

auひかりの契約を考えている人の中で、プロバイダ選びでどこが一番得するのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

auひかりで契約できるプロバイダはめちゃくちゃたくさんありますが、どのプロバイダと契約したとしても、回線自体はauひかりのものを使っているので変わりません。

とはいっても、キャッシュバックキャンペーンの金額や、細かいオプションなどには大きな違いがあって、プロバイダ選び如何によっては何万円もの差が生じてしまうなんてことはよくあることなんです。

このサイトでは、光回線の営業をやっていた管理人の私が、あらゆる切り口から本当に最強のプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

プロバイダを選ぶ時のコツ!

プロバイダ業者というのは回線業者と個人をつなぐ役割をしている業者で、プロバイダがなければインターネットというものが成立しないくらい重要なものなのです。

auひかりで使えるプロバイダは次の会社があります。

GMOとくとくBB、ビッグローブ、ソネット、@nifty、DTI、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

得するプロバイダを選ぶためには、以下の3つのポイントが大切になってきます。

1,もらえるキャッシュの金額と受け取りまでが短いかどうか

2,光回線の上りと下りのスピードが早くて安定しているか

3,キャッシュバックにオプションがいるかいらないか

上記の3つのポイントを一個ずつ詳細に解説していきたいと思います。

ポイント1 すぐ振り込んでもらえるかどうかをチェック

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダ各社によってキャッシュバックの総額は1万円以上違っている業者もあります。

キャッシュバックがまったくもらえないプロバイダもありますし、5万円以上のキャッシュバックをしているところもあります。

どこのプロバイダと契約したとしても、auひかりの光回線自体は同じプランで同じ速度で使えます。

上記のようなことから、高額であればあるほどいいというわけではなく、確実に振り込んでくれるかどうかを見極めることも大切になってきます。

ポイント2 光回線の速度と安定性をチェック!

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

一ついっておくと、auひかり自体は光回線でめちゃくちゃ早いので、プロバイダが遅いところだったとしても、使えないくらいの遅さになることはあり得ませんのでご安心ください。

ですが、なるべくなら一番早くて回線が安定しているプロバイダを選びたいのは消費者として当たり前の心理だと思います。

ポイント3 セキュリティオプションの充実度

3つめに選ぶべきポイントとしては、セキュリティが充実しているかどうかを見極めましょう。

安全性の高い安心して利用できるインターネット環境を実現するためにはハッキングやウイルスの侵入を防止することが大切です。

プロバイダ各社のセキュリティが毎月いくらぐらいで使えるのかあらかじめチェックしてから利用しましょう。

圧倒的におすすめなauひかりのプロバイダ

ここからは、具体的にプロバイダ各社を比較していきたいと思います。

auひかりのプロバイダの比較表は以下になります。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

あらゆる切り口から見てみると一番お得なプロバイダは圧倒的に「GMOとくとくBB」ですね。

最高額で確実に受取ができるプロバイダとは?

GMOとくとくBBはプロバイダ業者として20年以上の実績を持っている、東証一部上場企業です。

GMOとくとくBBの一番のメリットはなんといってもキャッシュバック総額ではないでしょうか。ですが、受け取り方に注意点があります。

11ヶ月後と23ヶ月後にメールで送られてくる、キャッシュバックの案内を1ヶ月以内に返信しないと、キャッシュバックを受け取ることはできません。

キャッシュバックをたくさん受け取りたいという人には特におすすめのプロバイダが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは回線速度や安定性なども一番優れているといっても過言ではありません。

GMOとくとくBBの回線速度は約500Mpbsくらいとなっています。他社のプロバイダと比較しても圧倒的な回線速度を維持しています。

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のプロバイダはあまりおすすめできませんが、その理由を解説していきたいと思います。

au one net

このプロバイダはauの名のつくとおりKDDIが運営しています。

そもそもauoneもKDDIが運営していますが、auひかりもKDDIがやっています。

同じ系列会社なので、得するキャンペーンが豊富に用意されているかのようにも見えますが、実はそんなことはなくてあまり得しません。

なぜキャッシュバックなどが充実していないかというと、ほかの業者にauひかりを広めてほしいというKDDIの意図があるからなんです。

auoneからのキャンペーンを減らすことにより、競合他社のプロバイダはauひかりを営業しやすくなります。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともと電機メーカーのNECが運営を始めたもので、今現在は独立している企業になります。

キャッシュバック金額は最大で5万円くらいとなっています。

ですが、BIGLOBEにはセキュリティオプションが無料でついていません。

高額なキャッシュバックがあって、なおかつオプションなどの特典も豊富なGMOとくとくBBの方が圧倒的におすすめですね。

DTI

こちらのプロバイダは東京電力の孫会社が運営しているプロバイダです。

リモートでの補助が無料で使えるというメリットがあります。

こちらのプロバイダはキャッシュバックが3万円以上ありますが、実際に受け取りまでに1年以上もかかるのでおすすめできません。

auひかりに申し込むときのステップ

ここからは一番おすすめのプロバイダからauひかりを申し込む方法を解説していきたいと思います。

何年も契約し続ける光回線を契約するのですから、なるべくお得なプロバイダを選びましょう!一番最強なプロバイダはやはりGMOとくとくBBですね。

GMOとくとくBBのauひかりを申し込むときの手順を解説していきたいとおもいます。

手順1 プロバイダのサイトから申し込み

GMOとくとくBBのサイトを開きます。

ページ右上にあるエリア検索ボタンをクリックして手続き画面を開きます。

手順2 名前や住所や電話番号

次のページを開くと、個人情報を入力する画面になります。

手順3 工事スケジュールを決める

名前や住所などを入力したら送信ボタンをクリックします。

申し込みが完了すると1週間くらいでauひかり側から工事日程の電話が折り返しかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 開通

光回線の自宅への引き込み工事が完了すると、光回線でのインターネット接続ができるようになります。

auひかりのプロバイダの疑問質問

auひかりのプロバイダと回線に関する質問をまとめています。

質問1 auひかりのプロバイダだけを切り替えられる?

auひかりはプロバイダのみを解約することができないようになっています。

そもそもとして、auひかりはプロバイダが一体化しているので、プロバイダをもし変更したいときは、回線そのものを解約して契約し直す必要があります。

どうしてもプロバイダだけを変更したい人は、auひかりの光回線を解約してから、別のプロバイダとセットで契約しましょう。

質問2 auひかりの解約金はいくらか

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

上記の解約金はプロバイダがどこであっても一律の解約金となっています。

質問3 自分の使っているプロバイダを確認する方法

自分の契約しているプロバイダを調べるには、マイページからチェックできます。

これ以外のチェック方法は、口座振替明細書にプロバイダ名が記載されていることが多いですね。

auひかりを契約するときに一番得する方法を解説

最近右肩上がりで契約者が激増しているauひかりの特典で一番得するのはどこなのか迷っている人は多いのではないでしょうか。

auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、回線速度や安定性、キャッシュバックキャンペーン、オプションの豊富さ、受け取りやすさ、すべての観点から一番すばらしかったのが「GMOとくとくBB」です。

数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが最強!

あらゆる視点から切り取ってみると、GMOとくとくBBが一番お得で、唯一無二のサービスを提供しているといえるでしょう。

GMOとくとくBBなら次のような特典を手に入れることができます。

1,6万円以上もの現金がもらえる

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高機能な性能のルーター端末がもらえる!

auひかりの代理店などを具体的に比較する

auひかりのキャンペーンを現時点で実施しているプロバイダでキャンペーン内容を比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強でしたね!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

上記の一覧表を見てみると、auひかりを契約するのであれば、間違いなく「GMOとくとくBB」だといえるでしょう。

auひかりを契約するときに適用してもらえるキャンペーンには次の2つがあります。

手に入れることができる特典としては、プロバイダによる特典と、公式サイトがやっている特典の二つがあります。

そもそも代理店やプロバイダというものは、auひかりの光回線とエンドユーザーをつなげる仲介的な役割を果たしています。

プロバイダから契約したときでも、auの公式特典をもらうことができるので、ダブルで特典を手に入れることができます。

次からは代理店やプロバイダの独自特典や公式特典の違いなどをチェックしていきましょう!

公式サイトがやっている特典について

auひかりは、auを運営しているKDDIがやっている光回線業者です。

auのスマホを持っている人であれば、一番お得になる光回線だと言っても過言ではないでしょう。

auひかりの具体的な内容は下記のようになっているので参考にしてください。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式でやっているキャンペーンは大別するといくつかあり、すべて同時並列的に受け取ることが可能です。

公式キャンペーン1 他社からの乗り換えを負担

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

競合他社からの解約金を負担してもらうためには、auひかりから送付されてきた、乗り換えスタートサポートの申請書を返送する必要があります。

解約金申請書を受け付けてもらってから1ヶ月くらいで、auPAYへ送金されます。

auPAYというサービスは皆さんご存じの人も多いと思いますが、au加盟店でそのポイントを使ってショッピングができます。

スマホからauPAYを使うのは基本ですが、スマホがなくてもプリペイドカードから支払いを行うこともできます。

この乗り換えキャンペーンの解約金を負担してもらうためには、以下のような条件があります。

他社のモバイルルーターや固定インターネット回線からは適用されません。

ずっとギガ得プランとひかり電話に入って、3年以上使うこと。

乗り換えキャンペーンを適用してもらうためには、3年間で自動で更新されるずっとギガ得プラントひかり電話への加入が必須となっています。

公式キャンペーン2 工事費が無料になる!

初期費用というのは工事費用がほとんどですが、auひかりではネット回線とひかり電話をセットで申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

auひかりの工事費用は、戸建ての場合は約4万円くらいかかりますが、これが無料になるということです。

工事費用というのは月額での分割払いですが、このキャンペーンを実施すると無料になるということです。

auひかりの回線を途中で解約した場合は、残債を自己負担で支払う必要がありますが、このキャンペーンを実施することにより初期にかかる費用が分割された状態で光回線を使えます。

契約期間が終わるまでauひかりを使い続ければ完全に無料にできるので、是非活用してみてください。

公式キャンペーン3 auユーザーにはすごいお得!

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

契約しているスマホのプランによって割引金額は違ってきますが、家族全員がauのユーザーであれば、全員分が割引になる太っ腹な割引キャンペーンです。

以上のように、auひかりは数ある光回線の中でも特段に優れたキャンペーンを多数実施しているので、auの利用者は圧倒的におすすめですね!

公式キャンペーン4 10ギガサービスが割り引き

auひかりでは、ずっとギガ得プランに申し込むことにより、5ギガや10ギガなどの高速プランが550円割引されます。

適用条件は、ホーム5ギガかホーム10ギガを申し込むことが条件となっています。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりの代理店やプロバイダは、auひかりの公式のキャンペーンに加えてプロバイダ独自のキャンペーンを実施しています。なので、auひかりから直接申し込むより二重にキャンペーンを受け取ることができるのです。

プロバイダ各社がやっている独自特典は、プロバイダによってかなり開きがあるので、選び方によっては何万円も得したり損したりということがざらにあります。

プロバイダがやっている独自キャンペーンを大きく分けると、キャッシュバックキャンペーンと、Wi-Fi端末無償提供があります。

独自キャンペーン1 キャッシュバックがすごい!

数あるキャンペーンの中で特に魅力的なものとして現金のキャッシュバックがありますね。

auひかりを契約できるプロバイダのほとんどは、auひかりの公式サイトがやっているよりもダントツで大きい金額のキャッシュバックをやっています。

当サイトで最高峰のプロバイダとしておすすめしている「GMOとくとくBB」の場合だったら、マンションは5万円、戸建ては6万円という業界トップクラスのキャッシュバックキャンペーンをやっています。

独自キャンペーン2 Wi-Fi端末がもらえる!

自分の家で快適なネット回線を楽しむためには、Wi-Fiルーターが必須になってきます。

このWi-Fi端末を無償でもらえたり、レンタルをしてくれるプロバイダがあります。

たとえばGMOとくとくBBだったら、高機能なWi-Fiルーターを1台無料でもらえます。レンタルとかではなくてもらうことができます。

無償でもらえるという点は、解約した後も返却する必要がないので、利便性が高いといえるでしょう。

悪質な代理店などの注意点

プロバイダの中には、とんでもない高額のキャッシュバックをやっているところがあって、そういうところから契約したらすごい儲かるんじゃないかと思ってしまいますよね。

とはいっても、こういうおいしい話には常に裏があって、そういうところも全体的に見通す必要がありますね。

悪質な代理店によくあるパターンを解説してきたいと思います。

注意点1 オプション加入が必須条件になっている

高めのキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダや代理店を見てみると、オプションが絶対必要だったりします。

高額キャッシュバックがいくらあったとしても、無意味なオプションで余計な月額料金を払っていたら、時間がたてばたつほどキャッシュバックからすり減っていくという形になってしまいます。

オプションの中には毎月数千円以上かかるオプションがあったりして、キャッシュバック金額をあっという間に上回ってしまってそこからは損失になってしまうなんてこともあります。

家電量販店の高額キャンペーンにはこういったパターンが頻繁に見られるので、そもそも家電量販店で契約するのはやめておきましょう。

ちなみに、ひかり電話への加入はスマートバリューを適用してもらうために必要なので、ひかり電話の加入だけがオプションになっていれば一石二鳥ですね。

注意点2 受取期間が先に設定されている

キャッシュバックのもらい忘れを意図的に作り出している雰囲気があるプロバイダなどはやめておきましょう。

お客さんの申請し忘れを狙っているパターンというのは、そもそもキャッシュバックの申請ができるのが1年後で、さらにそこから振り込まれるまで1年かかるみたいなところです。

光回線を契約したら確実に振り込まれるわけではなくて、時間差で遅れて申請手続きをしなければならないので、それまで覚えておかなくてはなりません。

上記のような、申請や受け取りまでにものすごく時間がかかるときは、注意しましょう。

注意点3 実現できないであろう条件がある

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

一例としては、自分が回線契約をした後に、誰かしらを契約までこぎつかせなければキャンペーンを受け取れないというようなパターンです。

そもそも回線というのに自宅に一つしか備え付けられないものなので、光回線を導入していない家庭のひとをみつけるのは至難の業でしょう。

こういうパターンの実現不可能に近い条件があるキャンペーンに申し込んだときは、結局キャッシュバックを1円たりとも受け取れなかったということになりかねません。

上記のようなことから、現実味があるキャンペーンを選ぶようにしましょう。

注意点4 基本料金が割高になっている

高額なキャッシュバックが手に入る代わりに、毎月の月額料金が高額になってしまうというパターンもあります。

たとえばですが、工事費の初期費用割引がない代わりに、キャッシュバック金額がたくさん受け取れるというものです。

auひかりではもちろん工事費用が完全に無料ですが、代理店やプロバイダによっては工事費を払わない代わりにキャッシュバックとして払うような、見せかけのお得さを醸し出しているところもありますね。

auひかりを契約する代理店やプロバイダによって毎月の支払額が変わるので、すべてを踏まえて総合的に支払う金額が安くなるかどうかで判断しましょう。

結局、一番お得な窓口はどこなのか?

ここでは、高額キャッシュバックに優れているプロバイダと代理店の中から一番お得な窓口を検証しています。

結果からいってしまうと、auひかりの一番得する窓口は「GMOとくとくBB」です。

一番最強に得するプロバイダや代理店を比較するときは次のようなコツがあります。

オプションなしでキャッシュバックがもらえる、キャッシュバックの総額が大きい、確実に短期間で振り込んでもらえる。

下の一覧表以外にも、auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、キャッシュバックでもらえる金額が3万円以上受け取れるところのみを厳選して一覧表にしています。

また、auひかりでスマホセット割りを適用するためには、光電話に加入しなければいけないので、そういった点もすべて考慮した上での比較表となっております。

ちなみに、格安携帯を使っているお客さんはauのスマホセット割を使えませんが、光電話はお得なので、加入してもいいと思います。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックがたくさんもらえることは去ることながらも、毎月550円の光電話が戸建てなら3年、マンションなら2年も無料になるので、めちゃくちゃお得です!

auユーザーのお客さんであればさらにお得になります!

GMOとくとくBBのキャッシュバック詳細

GMOとくとくBBは東証一部のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、auひかりの数あるプロバイダの中でも圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBなら、auひかりのプロバイダの中でダントツで最高峰のキャッシュバックがもらえて、さらに高性能な市場価格で1,2万円くらいのWi-Fiルーター端末までもらえます。

auユーザーが使えるスマートバリューに必要な光電話も無料で加入できるので圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの詳細は以下のような内容となっております。

1,GMOとくとくBBを契約するときに専用アドレスを作ります。

2,回線契約した時を含む、11ヶ月目と23ヶ月目に専用アドレスにキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,いろいろな記入をしてメールを返信すると翌月末には振り込まれます。

auひかりのキャンペーンの疑問点

auひかりのキャンペーンについての質問点について解説しています。

1,オプションにもキャンペーンはあるか

auひかりのテレビオプションに、ジャンルパックなどがありますが、2ヶ月間無料で視聴できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルをパックにしたジャンルパックはアニメやスポーツや映画などがあります。

自分が好きな動画だけを詰め込むことができて毎月1600円で使えます。

他には、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックというものがありますが、こちらは月額2700円くらいとなっています。

2,10ギガプランや5ギガプランなどの対象エリアとは

5ギガ、10ギガなどの超高速ができるプランは戸建てのみとなっていて、対象の都道府県は関東のみとなっています。

auひかりは他の光回線とは違って独自の回線網を使っているので、すべてのプランで安定的なネットが接続できると思います。

auひかりを契約するときはプロバイダを厳選しよう!

ここまでに、auひかりのメリットやマイナス面やキャッシュバックやおすすめのプロバイダなどについて解説してきました。

auひかりがやっているキャンペーンとしては、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものの2パターンがあります。

また他にも、公式でやっているキャンペーンはプロバイダ独自のものと同時並列的に活用できるので、プロバイダから申し込んだ方が圧倒的にお得になります。

現在実施されているあらゆるキャンペーンをいろんな切り口で比較してみたところ、GMOとくとくBBが一番お得です。

GMOとくとくBBなら以下のような特典を適用してもらえます。

1,61000円ものキャッシュバック!

2,月額550円のひかり電話が2年以上無料になる!

3,高級で高性能なルーターがが無料でもらえる!

GMOとくとくBBは最強クラスのプロバイダといってもいいくらいキャンペーンが充実しています。

一番すごいのは高額なキャッシュバックと、安定した通信回線がメリットといえるでしょう。

また、公式特典として次のような特典も同時に適用してもらえます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,光回線の工事費用が3,4万円が無料!

3,auの携帯を持っている人は1回線で500円から1000円割り引かれる!

以上のように、プロバイダによるキャンペーンと、公式のキャンペーンを併用することにより、ダブルでお得になります!